客層が良いのはどこ?東京のエリアごとのキャバクラの特徴

東京はキャバクラが多く選択肢が広い

全国にあるキャバクラの中で最も店舗数が多いのが東京です!常に最先端な新しいもので溢れている東京に憧れて、地方から上京してくる人もたくさんいますよね。
地方に住んでいる人がキャバクラで働こうと思っても、店舗が少ない・給料が低いなど、なかなか稼ぐことができません。

そのため、お店の数が多い+地方よりも給料が高めということもあって東京に引っ越して来ることが多いようです。
キャバクラの数が多いことで選択肢も広がりますし、自分の条件にあったお店を探すことができるというのが魅力でしょうね。
東京には様々なエリアにキャバクラがあるのですが、場所によって特徴が異なります。
ここでは地域別の特徴を紹介していくので、自分にはどこのエリアが合っているのか確認してみてください!

お客さんもキャストもレベル高い、六本木エリアの特徴

東京の中でも繁華街として有名な六本木のキャバクラには、著名人や会社の社長などハイレベルなお客さんが多く来店します。
質の高い接客を求められるということもあり、レベルの高いキャバ嬢が揃っているというのが特徴です。

お客さんとの会話は難しい内容になることもあるので、話についていけるように日頃からニュースを見たり、本を読んだりするなどして知識をつけておく必要があります。
自分のスキルを高めたいという人は、六本木で働くのがいいかもしれません。
六本木のお店の雰囲気は、賑やかな感じと落ち着いた感じの中間で、楽しく盛り上がりたい人や静かに過ごしたい人など色々な人が来店します。

圧倒的な客層の良さ、銀座エリアの特徴

銀座と言えば高級なイメージがあると思いますが、そのイメージ通り銀座にはキャバクラ、クラブなどの高級店がたくさんあります。
有名人、社長、会社経営者など比較的裕福なお客さんが多いのが特徴です。

年齢層は高めで落ち着いた雰囲気の人ばかりなので、客層はとても良いですし、賑やかな雰囲気が苦手という人には銀座をおすすめします。
銀座のお店では料金が少し高めに設定されているということもあって、キャバ嬢の時給も他のエリアと比べると高い傾向にあります。

マイペースに楽しんで働ける、上野エリアの特徴

上野のキャバクラでは質の高い接客というより、親しみのある接客が好まれます。
お客さんの年齢層はどちらかというと高めですが、上野に遊びに来た若者や観光に来た海外のお客さんなども多く、客層は幅広いです。

お店の雰囲気はアットホームで、ゆったりとした空間で働くことができるのが特徴です。
そのため、キャバ嬢は綺麗系というよりは、落ち着いたカジュアルめの人が多く働いています。
上野のキャバクラは順位を争うようなガツガツした感じはそこまでないので、ゆるく楽しみながらマイペースに働きたいという人に向いているエリアです。

コスプレなどコンセプト系多め、池袋エリアの特徴

キャバ嬢と言えば華やかなドレスを着ているイメージが強いと思いますが、池袋のキャバクラではドレスではなくアニメのキャラや、メイド服などのコスプレをした子がお店にいます。
もちろん普通のキャバクラもありますが、コスプレのようなコンセプト系が多いのが特徴です。
お客さんの年齢層は比較的若めで職業もさまざまです。

料金はリーズナブルなので誰でも気軽に行けるのが、池袋の魅力なのかもしれません。
銀座のような高級感のあるお店というよりは、カジュアルな雰囲気のお店が多いので、のんびり働きたいという人にはおすすめです!
コスプレをしながら働けるという魅力もあるので、いつもとは違う雰囲気の中で働きたい人、単純にコスプレが好きな人にも向いていますよ。