売れたいキャバ嬢必見!キャバクラでの営業とメール・LINEの送り方

キャバ嬢営業メール・LINEのテクニック

「指名がもらえる売れっ子キャバ嬢になりたい!」という願望を持っている人がきっとたくさんいるはずです。
売れっ子キャバ嬢になるために大切なのは、お客さんの心を掴むこと!お客さんのお気に入りの子になるには、接客だけに力を入れれば良いと思っている人が多いかもしれません。
それも決して間違いではありませんが、接客だけでなく営業メールやLINEでアピールすることがとても大切です!
ここではお客さんの心をグッと掴む、営業メールとLINEのテクニックを教えちゃいます。

①送るタイミング、リズムを考える

営業メールやLINEをする時に気をつけなくてはいけないのが、送るタイミングとリズムです。
お客さんと連絡先を交換することができたら、とにかく連絡をすることが大事ですが、人それぞれ生活パターンが違うので送るタイミングを考えなくてはいけません。
仕事中や就寝中などに送ってしまうと、相手が迷惑だと感じてしまう場合があります。
自分の都合で送らずに、常にお客さんのことを考えて迷惑じゃない時間帯に送りましょう!

接客中にどんな仕事をしているか(働いている時間を知るため)、一日の中で自由な時間はあるのかなど、さりげなく聞いておくと良いですね!
それから、いつも決まった曜日と時間に送るようになってしまうと、メルマガのように思われてしまうので避けてください。
連絡する日を固定するのではなく、なるべくランダムにして自然なリズムで送るように心がけましょう。

②来店してくれた後には連絡を忘れずに

接客をしたお客さんにはその日のうちに、来店してくれたことへのお礼の連絡をすることが大事です。
この時にただ「今日はお店に来てくれて、本当にありがとうございました。また来てくださいね。」と感謝を伝えるだけでは、明らかに営業の連絡だと思われやすいので、その日に話した内容を一緒に入れるようにしてみてください。

例えば「○○○さんがおすすめしてくれた映画、今度DVDで借りて見てみますね!」など、会話の中で印象に残っていることを入れるだけでOKです!
そうすることによってただの義務的なお礼ではなく、自分のことを思い出しながら打ってくれているという感覚になります。
この感覚が実はとても大切で、キャバ嬢が自分のことを覚えてくれているということが、お客さんにとっては嬉しく感じるので効果的なんです。

③返事が来なくても諦めないこと

こちらからLINEやメールを送っても、返事をしてくれない人も中にはいます。
ただ単に忙しい人や、気分がのらなかったり連絡するのが苦手など、返してくれない理由は様々です。
しかし、相手から返ってこないからといってすぐに諦めてしまう必要はありません。

返事がなくてもメールやLINEを見てくれている場合があるので、挫けずに送り続けることが大切です!
もしかしたら「いつもまめに連絡くれるし、あの子に会いに行ってみようかな」と、思ってくれることもあるかもしれません。
お客さんから反応がなかったとしても、連絡をすることは決して無駄ではないので諦めないでくださいね!