同伴は断られることもある!?キャバ嬢が身につけたい同伴の誘い方

同伴とは何か

キャバ嬢はお店でお客さんを接客することだけが仕事というわけではありません。営業が始まる前に「同伴」をすることも大切な仕事の一つです!
「同伴」とは一体何なのかというと、開店時間の前にキャバ嬢がお客さんと一緒に過ごして、その後そのままお店に来店してもらうというものです。
どこかで食事をしたり、買い物に行ったり、映画を見に行くなど過ごし方はさまざまです。
お客さんはお店でしか会えないキャバ嬢と、外で2人っきりで過ごせて独占している感覚を味わえますし、お店側は営業開始と同時にお客さんが来てくれて、売り上げが確保できます。

さらにキャバ嬢には同伴をしたらバックが入るので給料を上げることができますし、一緒に出かけることによってお客さんと親しくなれるので、おねだり(お店に来てほしい、ドリンクの注文など)がしやすくなるというのもメリットです!
お客さんと会った後にお店で働くことになるので、勤務時間が長くなったように感じて辛いかもしれませんが、メリットの方が多いですし稼ぎたい人は積極的に同伴をしてほしいですね。

キャバ嬢との同伴を嫌がる人も中にはいる

お気に入りのキャバ嬢と一緒に過ごすことができるので、同伴を喜んでしてくれるお客さんが多いですが、中には嫌がる人もいるということを理解しておきましょう。
『キャバ嬢が出勤する時間までというタイムリミットがあるため、ゆっくりできないから』というのが理由の一つみたいですね。
出勤時刻に間に合わずに遅刻してしまうと、キャバ嬢がお店から怒られてしまうので、それを避けるために常に時間を気にしなくちゃいけなくて楽しむ余裕がないと感じる人も少なくないんです。

それから同伴で食事だったり買い物をしたりなどお金をある程度使った後にキャバクラに行くので、単純にお金がかかるのが嫌という人もたまにいます。
はっきりと「同伴はしない」と明言するお客さんもいるので、誘ったとしても断られることがあるということを覚悟しておきましょう。
根気強く誘っていればOKしてくれることもありますが、あまりしつこく誘いすぎてしまうと気分を悪くしてしまって、お店に来る回数も減ってしまったりするので注意が必要です。

上手い誘い方について

「同伴に誘いたいけど、何て言えばいいのかわからない…」と悩んでいる人のために、お客さんから断られにくい上手な誘い方を教えますね。
一番おすすめなのが会話の中で誘うことです!例えば、お店の近くにある美味しいお店の話になった時に、「行ってみたいんだけど、一人では入りにくくて…」と伝えると、「じゃあ、今度一緒に行く?」とお客さんの方から誘ってくれる場合があります。

それからある程度親しくなったお客さんには、「今度○○○に連れてってください!」と素直におねだりしてみるのも良いですよ。
キャバ嬢からおねだりをされると、頼られていると感じるのでOKしてくれる確率がアップします。
断られた時のことを考えるとなかなか言い出しにくいと思いますが、キャバ嬢から誘われたら喜ぶ人も多いので勇気を出して誘ってみてください!