月50万円もらう方法とは?パパ活のお給料相場、料金の交渉方法

パパ活のお給料の相場はどのくらい?

これからパパ活をしてみようかなと思っている人や、少しでも興味のある人は「一体給料はどのくらいもらえるんだろう?」と気になっているはず!
そこで、今回はパパ活の給料について説明していきますね。

まずパパ活には「不定期ケース」と「月額ケース」の2種類があるんです。
不定期ケースは一度だけしか会わない時や、たまに会ったりすることを指します。不定期の場合は一回の料金は食事代+1万~3万が相場です。
月額ケースは「月に○○万円払う」という契約がされていて、毎月の給料が固定されていることをいいます。月額の場合は5~10万円程が相場ですかね。
一人のパパと契約している場合は相場くらいの給料になってしまいますが、中には月50万円程稼いでいる人もいます。数人の男性と契約して月に何回も会ったり、おねだりして金額を上げてもらうなど上手くやれば50万円稼ぐことも不可能じゃありませんよー!

約束の給料を払わない悪質なパパもいるので注意!

先ほど説明した給料の相場を見て、「毎月こんなに稼げるようになるならやりたい!」という人が増えたかもしれませんが、中には給料を払ってくれないパパもいるということを頭に入れておいてください。
そんな人いるの!?とびっくりするかもしれませんが、たまにいるんですよね。
もちろんきちんと払ってくれる人の方が多いですが、約束していたのに払ってもらえない場合もあります。

あらかじめ決めていた金額をもらえなかったとしても、お金を払ってくれるならまだ良いんですけど、中には全く払わなかったりバックレてしまうこともあるので、そんなことをする悪質なパパには注意してください。初めて会った時に払ってもらえなかったり、言っても変わらなかったら関係を続けていくのはやめた方がいいでしょうね。

初回で自分から金額交渉はNG

パパからもらう金額は決まっているわけではなく、交渉次第で増やすことも可能なのですが、たくさん欲しいからといって初回から金額を交渉するのはNGです。
なぜNGなのかというと、初めて会ったのにいきなり「○○○円って言ってましたけど、もうちょっと増やせませんかね?」なんて言ったら良い印象を持ってもらえません。
「結局お金目当てなんだな」と思われかねないので、たとえそうだったとしても初回からお願いするのは控えましょう。

不定期で会うパパと関係を育てて月額契約に持っていく

不定期で会うパパがいたとしても一回1万~3万円だとしたら、そこまで稼ぐことはできません。より多く稼ぐためには、不定期を月額契約まで持っていくのが良いでしょうね。
例えばですが月額のパパ3人と契約することができたら、毎月30万円以上は稼げる可能性もあります。

でも、不定期だと契約していても会う回数が少なければ当然お金をもらうことができません。
たくさん稼ぐなら、安定した収入を得ることができる月額契約の方がオススメなので、パパと関係を育てていってから頼んでみた方が良いですね。

関係を築くまではある程度手間と時間が必要

関係を育ててから頼んでみるとは言っても、良い関係になるまでは時間がかかります。これはパパ活に限らず一般の生活でも同じですよね。
知り合ったばかりの人と親しくなるまでは、ある程度時間が必要になってきます。
そして関係を築くためには時間だけではなく、手間もかけなくちゃいけません。まめに連絡をしたりすることも大事です。

これを面倒だと思わずに地道に続けていけば、パパとの関係がだんだん深まっていきますよ。
時間が経って小さなおねだりなどを言えるようになって、もう言っても大丈夫だろうというところまできたら、すかさず月額契約の話に持っていきましょう!

まとめ

パパ活はたまに会う人がいたり、毎月決まった額をくれる人もいるので給料は契約によって変わってきます。
自分の頑張り次第で月50万円、もしくはそれ以上稼ぐことも可能なのでやりがいが出てくるはずです。
しかし、中にはお金をきちんと払ってくれない悪質な人もいるので注意が必要です。パパ選びは慎重に行いましょうね!